リストに追加する
この記事のURL
Twitterでつぶやく
ちょっとみ
サイトを表示しない


サイト記事
01:26

言葉のきつい友人Aにダメだしをされまくり、『あなたは投稿しているそうだけどあなたががマンガ家になれたらフルコースのディナーをおごってあげるよ!ハッタリと思われないように念書に判を押してあげる!』と言われ落ち込んで、その時の話をBにすると……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:46

「社会人として常識がない」売り言葉に買い言葉で「今日限りでもう会社を辞めます、もっと優しい人のいる会社に行きます」といったら「いくら若くても、もうあなたの職歴では誰も採用しない。ここで社会常識を学んであと数年は頑張った方が良い」と言われた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:26

パート先のオバチャンがある習慣にケチを付けだした。うちのパート先では、辞める時に皆から辞める人にお花を贈る習慣がある。辞めていく人はそのお返しに皆で食べられるような菓子折を置いていく。皆の負担額は、大体200円位。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

22:06

俺がヘマやらかしてネットで叩かれた時もリアルでへこんでる時も励ましてくれた。俺を切らないでくれた。同人活動開始からウン年経つけどこの人だけはいつまでも友達で居られると思ったのはこの友達だけだ。これからもよろしく。いつか恩返しするぞー。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

16:06

美味しそうに蕎麦湯を堪能する母の姿を見て悲しくなった。「美味しいお蕎麦屋さんは最後に蕎麦湯っていう蕎麦を茹でた時のお湯が出てくるのよ。美味しいお蕎麦は茹でた時のお湯も美味しいの。」 と幼い私に教えてくれた母はもういないんだな。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:16

その年のクリスマスにちょうど部活が休みになって、スカイプを付けたら先輩がいたんだけど先輩がいきなり私ちゃんに聞いて欲しいものがあると言ってきた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:06

同窓会に参加して、やっと一回り上の女性が言っていたことが分かった。たまたま同級生が残念な成長をしていただけかもしれないけど、最初に書いた内容と同じ考えになった。父親と実家住まいの兄も含めて、私の地元にいる男性はロクでもない人ばかりだ。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

14:06

友達の旦那が年下のイケメンでイライラする。しかも、友達はバツイチなのに旦那は初婚だって。騙されてるんじゃないかと心配。てゆーか、私が子ども出来て結婚した時は反対したのに、自分だっていい歳してデキ婚じゃん!


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

13:16

「お前は俺につまらない無趣味の人生を送れっていうのか」旦那の趣味であるランニングが、年々ハマリ度進んで、新幹線の距離の大会にも参加するようになってきた。練習時間も長くなって、休日も平日も子供が起きてる時間はほぼ旦那は家にいない。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

13:06

上司の字が雑で読めなさすぎ。上手下手ではなく、日本語の筆記体かよっていう流れるような字を書く。雑に。本当に解読不能でイライラする。複写式の書面とか自筆しなきゃいけない場面では読める字を書くから、書けないわけではないのに直そうとしない。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

12:06

こんなのに付き合ってるって本当馬鹿だなって思う。「お前のために頑張ってる」「お前と別れたらもう誰とも付き合わない。それぐらい好きだ」「お前のことを思ったら辛いことも頑張れる」って言われて最初は感動してたけど、やっぱ口先だけだった。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

11:16

私が小2の時、若い小柄な女性が担任になった。すると突然、1男子数人が先生に反抗するようになり、遂に学級崩壊してしまった。そして私は運が悪い事に、その暴れていた男子数人の中でも一番横にも縦もに大柄でリーダー格であった男子とは家がお隣りだった。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

11:06

うちの弟はマウンティングしたがりなキモウザモラハラ野郎。かといって父親に似て高収入という訳でもなく三浪のプー太郎。なのに何故か自分の方が私よりも常識がある!世の中の事を良く知っている!と信じて、姑みたく私のやる事なす事一々監視してくる。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

10:36

近所のBBA「見たわよ!二人でお出掛けしてたわね!イヤらしい!!」ってもうほっといてほしい。何がイヤらしいのかも意味不明だし夫婦が二人でお出掛けしたからなんなの?


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

10:06

友人「ネガティブめんどくさい。自分に都合の悪いようにとりすぎ。今回はどうでもいいやつだからいいけど、知り合いでもこういうこと言われるんだろうなって思ったらもう誘わないから……安心してよ」今回の件は私が100%悪いの?


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

08:36

娘はまだ赤ちゃんだけど、小学生になったらどんな服を着たがるんだろうとか、早いうちから携帯を持ちたいと言われたらどうしようとか、彼氏ができたからデートすると言われたらどんな対応がベストなんだろうとか先の不安ばかりなのよ。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

01:06

【疑念】まさかとは思うが盗聴器?いやそんな………でも気になって仕方ない。こんなこと本人には聞けないし、Aはずっと家にいるから業者を呼んで盗聴器の有無を調べてもらうわけにもいかない。更に、即引越しも無理。いきなりそんな金ない。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:46

友人Aの披露宴で、A自作という凝った見た目の菓子をもらった。ママ友に人気のレシピ♪♪だそうだが、どうも変なにおいがしてたので食べずに捨てた。しばらくして、披露宴に出席してた共通の友人たちが全員腹痛を起こしていたことをSNSで知り……!


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:26

【恐怖】A子から年賀状が届いた。写真の横には「子供を産んでよかったと、孫を抱いて強く感じる毎日です」と書かれてあった。B子が上京してきて会った時にその話をしたらB子が「怖い怖い怖い怖い!」とか言い出して思ったことを言ったら「違う違う!」って。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:06

深夜から早朝にかけて意味不明な留守録が入るようになった。着信記録の番号は全く知らない番号できっかり10分置に4?5回電話がくる。意味不明な事を喋っているのは明らかに友人。後ろで子供がぎゃーとか泣き叫んでる声も入ってる時があるのでとても怖い。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

18:16

義妹が8年くらい前に結婚したんだけど、笑っちゃうくらい義妹夫の顔が亡き義母にすごく似ている。義兄が「義妹夫くんといると落ち着く」と言って新婚の義妹家に入り浸るようになり、義兄も既婚なのに、妻子ほっぽらかして義妹夫とばかり遊んでいた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

16:06

一緒にサイトをやっている友人。サイトには原作の感想とかちょっとした萌え語りをするための日記みたいなものも置いているんだけどそこの書き込みをすぐに消してしまう友人。「うーん」とか「あれ?そうだっけ?」とかはぐらかされて終わり。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:16

お互い今年で三十路になる年代なんだから大人の対応をしなくてはと思うんだがどうにもその人のスキンシップが苦手になってしまった。考え過ぎかもしれないが私はアンタの彼氏じゃないよと思ってしまう。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:06

「俺は日本に住んでるから勝ち組、あいつは愚かにも海外に住んでるから負け組」Aが帰国してからもメールで連絡取り合ってたが、なぜかちょくちょくこちらの国の悪口を言って来る。挙句の果てには「そっち(現地)の人は一体何が楽しみで生きてるんだ?」と。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

14:06

「返すけどちょっと待って!今お金ないから!」Aが自分にお金返してないことはBもCも知ってるし、お金の話になるたびに2人も「そういえばAちゃんと返した?」と言ってくれるのだが、なかなか返してくれない。ゆうに1年半は経ってる。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

13:06

Aさんは太り気味で、時期によっては体臭がきつくなる時があり、それがアンモニア臭にとても良く似ている。お互い若くないので今後の事を考え、一緒にダイエットをしようと言う所までは言えたのだけど、体臭の事はどう伝えたらいいか本当に悩んでいる。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

12:06

途中何度か帰ろうとして引き止められたが結局その日彼女の原稿は終わらず夜帰る時に「原稿も進んだし、すごく楽しかったよ!ありがとうまた遊ぼうね♪」と笑顔で言われた。次があるならあんたの原稿ない時で家以外の場所がいいな!


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

11:06

三十路はとうに過ぎたA。先日の同人誌即売会でで「成人向け問題もあるし、年齢確認の為に免許証いるよね」と真面目な顔で言い出した。周りは冗談だと思って笑っていたが、Aは本気だった。本気で自分は18に見えないかもしれないと悩んでいた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

10:06

横で聞くのも嫌なので関わらずにスルーしていた私に対して、「(私)もなんだかんだ言いながら笑顔で話聞いてるじゃん」とか。いや、それはあなた達の話にあきれて苦笑しているだけなんだよ、と本音を言ってみるが、相手達は冗談だと思って、激しく勘違い。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

09:06

私はAさんが●が嫌いなのは知っていた。前も嫌な顔をされて延々いかに嫌いか聞かされていたから。自分の萌えワードが出て嬉しくてつい言ってしまったんだけどまたいちいち完全否定されて凹んだ。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

08:06

よくいるタイプなんだろうけど「実は髪伸びるのが早くて」「あ、私もこんなことがあってナントカカントカ」ここで「そうなんだー私はこうで…」ってなれば普通なんだけど、自分がいかに髪の伸びが早いかを力説する。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

01:06

【報告者乙】日頃から鬱だ鬱だと言う友達。実際医者にかかってた事もあるし薬も飲んでるしで結構気を遣って接してきた。しかし、ある日ついに我慢しきれず……その日の友人の日記には、「ある人に傷つけられた、体調が悪い、もう駄目だ」等の鬱日記をご披露してくれた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:46

Aにリアルで「恋してないひと可哀想!(自分)さんも二次妄想ばかりしてないで恋しなきゃ!」と説教されて疲れた。自分「実は数年付き合ってる人と来年結婚するんですよ、いやー長い春でした?」って報告した何故か突然不機嫌になるAをなだめるのにも疲れた…。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:26

オリジナル小説書きのA。デビューした!小説が本になった!というメールと、本が届いた。出版社はいわゆる「金さえ出せば本になる」系出版社。それでも本人が喜んでるんだからまあいいか、と思ったのだが……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:06

最初は「なんか色々つかれるけど友達ってこんなもんなんだな…」という感じだったんだけど、幾らなんでも疲れるだけの友達って無いよな、と思っている。思いたい。二人を失うと友達一人二人しか居なくなるけど、なんかもうそれでも良いかなと思う。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

19:16

遊びに来ていた姪が娘の衣類を見て泣き出した。多少派手ではあるものの、女の子なら誰だって気合を入れて準備するものだしと思ったんだけれど、姪の衣類は兄嫁が勝手に用意して、どれも無地だったらしい。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

17:06

ニコニコ明るい(だけの)おしゃれな男子大学生のアルバイトが入ってから激変。いつの間にか無口な店員さんは隅に追いやられて辞め、店内は明るいバイトくんと似たようなタイプの若い男女のバイトさんが増えた。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:16

「私は気が付きました。日本という国は藤一族が多数を占める国ですね。」なんのこっちゃと思ってよくよく聞いてみたら、斉藤とか遠藤とか後藤とか名前に藤が入っている人が多い。祖先は同じなのか?と聞かれて笑ってしまった。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

15:06

サッカー漫画の話で盛り上がっていたらAが「サッカーってイギリスでは昔も今も貴族や上流階級子息が嗜みとして必ずマスターしなければならないスポーツなんですってね。ベッカムもパブリックスクールでサッカーを知ったそうですよ」と……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

13:06

「親は私を勝手に産んだんだから、面倒を見る義務がある!」幼馴染みが、あと半年で卒業と言うところで突然「本当は絵の勉強がしたかったの!親がしつこいから今の大学に入っただけ!私は絵を描く仕事に就きたい、だから大学は辞める!」と自主退学した。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

12:06

30過ぎでゴス□リはやめようぜ…目元の皺くっきりで□リータはきっついです…本人若く見られてると思ってるらしいけど若返り対策を色々やってる自分から見たら、悪いけどどうみても年相応にしか見えない。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

11:06

人が好きなものを貶めるのが好きなA。オタにわりと多いが、みんながいいと言ってるものを「えー、あんなののどこが?」みたいな言い方をして「人と違うアテクシ」「流行に流されないアテクシ」みたいなのを気取ってるのがプンプン。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

10:06

母が布オムツはよく水を吸うから食器拭きにいいと言ってずっと使ってるしそれが当たり前になってる。洗ったら拭いて片付けることが当たり前だと思ってたから、食器洗って拭かないで自然乾燥の人を見てびっくりした。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

09:06

サラリーマンの何が悪い。雑用(雨樋の掃除やら電気の付け替え等)如きで片道高速一時間呼ばないで! 行ったら自転車で10分程度の近居な姉家族もいて、義兄が何もせずに新聞読んでたりするのがすごく腹が立つ。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

08:06

こういうのって気になることがあるとちっちゃいことでも目についちゃうんだよね。昔そこの系列のお店で働いたことがあるけど、そこはしっかりしてたのになー。店員さんも「ほんとに忙しいの?」ってくらいゆっくり動いてたのでなんか余計に残念な感じでした。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:26

友人は趣味がアロマや石鹸作りだったらしいが、その頃に作ったかなり古い手作り石鹸を配る。日付ラベルは三年以上前、それも保管は適当だったのか包み紙にべったり油が染み出てべたついて気持ち悪くて使う気にはならない代物。ところが……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

00:06

【働け】友人Aの母親から色々と愚痴を聞かされた。もう両親共々年で体も壊しているし、Aの祖父や祖母の世話もしないといけない。なにしろ不景気で仕事を続けられない。両親仕事が無くなって、Aも生活に困るよ。とAに言ったところ……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

19:06

旦那が晩御飯でフライドチキンや餃子を手づかみで食べて、その後にちゅっぱちゅっぱと音を立てて指をしゃぶる癖を最近身に付けたらしく、私が指摘する前に娘が旦那の行動を見て辞めてと食事中怒り出した。すると旦那は眉間にしわを寄せて怒り出し……。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

18:06

バツイチって子供の事をまったく考えず、常に自分の事しか考えてない気がする。本当の父親or母親は一人しかいないのに離婚して「アイツは糞だ」等愚痴る……それを聞いた子供は「パパorママはそんな人だったんだ…」と嘘を信じてしまう。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報

16:06

たかだか2人分の家事が10日で限界の自分のキャパの狭さに絶望した。両親が帰ってくる日は御馳走を作ろうと思ってたけど力尽きちゃってだめだった。主婦は甘えとか良く見るけど家事だけでこれじゃ主婦すら務まらない。


設定 趣味・鬼女

やすらぎ速報


つづきの記事を表示

© 2013 2ch-antenna All Right Reserved.